読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最年少として

 

 

前々から思っていたけれど、ジャニーズWESTが結成されてから

小瀧くんは自分が最年少だということを「使命」「役割」だと感じている部分があるのかな、と思うときが見受けられたので記事にしてみることにしました。

 

例えば、POTATO 2014年11月号より。

 

Q4 今の自分の"使命"は?

『末っコキャラというか。いい意味で子供でいることが使命かな。周りにウザ絡みしていったりとか、ほかの人がやらないようなボケが許されるところはこれからも大事にしたい。まぁみんな、僕のことが憎めないんでしょうね♡(笑)僕的にも、何も飾らずに素の自分でいられるんですごくラク、今後もノビノビとやっていきます(笑)。』

 

もう「使命」って言ってるし(質問がそうだったからだろうけど)。

すごくラク、と言っているのは彼の本心だと思うけれど、それだけではなくて「使命」だと感じていることには衝撃だった。

 

 

もう一つ、1stコンサート 一発めぇぇぇぇぇぇぇ!パンフレットより。

 

ジャニーズWESTのために自分ができることは?

『一番年下ということで、フレッシュさで引っ張る!…と言いたいところなんですが、このルックスなもので(笑)(中略)グループ全体をかき回して、落ち着いた空気を出させない!…これが自分の役割なんかな。』

 

この質問は各メンバーそれぞれが答えていて、具体的に「お芝居をやりたい」「振付をやってみたい」というメンバーもいれば、小瀧くんのように「質を高めていく」「プライドを捨てる」みたいな抽象的なメンバーもいて、彼はどう答えるのだろうって思っていたら、ここでもまた『最年少』について触れてきたから驚いた。

 

 

彼は、自分の特徴として『最年少』というのを持っているんだろうし、それを生かしていきたい、グループで良い方向に持っていきたいと思っているんだと思うし、すごく良い事だけれど、あまりそれに囚われすぎて重荷になったり彼自身が自由に動けなくならないでほしいな。

 

 

また何かあったら追記していきたいと思います。

以上、勝手な憶測での記事でした!