読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニーズWEST☆初ドームコンサートに行ってきたよ

 

 

2016年も残すところあと5時間となりましたね!!

 

今月、世間一般では特別な日とされているクリスマスに行われたジャニーズWESTの初めてのドームコンサートに行ってきたので感想を書こうと思います。

MCに関しては割愛するね(キリないから)

大概の主語がない文章は小瀧くんの事です。

 

 

 

個人的には初めての京セラドームだったので、それだけで浮き足立っていました。噂に聞いていたイオンってこんなに近いのか!!とか思いながら開場入り。

 

席から見えた大きなクリスマスツリー、赤いフロート、胸が高鳴ったのを忘れません。

 

OP映像からそれはそれは可愛くて。ソリから落ちて京セラに、という演出は素敵なものだと思った。淳太くん演出かな?

 

もうそこからはずっと夢のような時間だった。

 

幕が落ちて、赤い衣装を纏った7人がいて。いつものポーズ。4万5千人と7人で、声を合わせて言う「ええじゃないか」。

嬉しい。嬉しいね。

デビュー曲がより特別なものになった瞬間だったよ。

 

ジパングの「泣いてはしゃいで」で歌詞に合わせて手振りしていたのが超可愛かった。パリピポのDVDかなんかにも入ってたっけ?本当に可愛かった。もうマジで(制御)

 

OPの挨拶はそれぞれのやる気とか、想いとか、ビシビシ伝わってきて。

個人的に印象に残っているのは、照史くんが何度も聞いて、言っていた

「俺の声届いてる? 俺の声聞こえてる?」「俺達ジャニーズWESTをここに連れてきてくれて、皆ありがとーー!!!」「絶対ひとりひとり見ていくからさ」

という言葉。

照史くんの言葉は絶大だ。絶大なパワーで私達を引き上げてくれる。だから惹かれる。「俺の声届いてる?」と真剣な顔で聞いていた照史くんの顔を、私は忘れない。

 

SCARSはね、一番最後のフェードアウトする前がいつも儚かった。どの公演のメモを見ても「儚い」って書いてある。分かった、分かったから(一週間前の自分に)

 

キャンストで、ラストの「命をかける愛なんだ」でグッと眉に力を入れた小瀧くんがとても…妖艶だった。狡いって思った。眉を顰めた瞬間に小瀧くんから何かのオーラが発せられた。バッて。

 

Criminalのフルって久々に見たじゃないですか!!! ラキセではやらなかったし、パリピポではちょこっとだけだったし。団五郎もやってないから… えっ一発めぇぶり…?!

初めてCriminalを見た17歳の彼とはまるで違って、大人の魅力というか…言葉では表現出来ないけれど(ブログの意味)とにかく以前とはまるで違うパフォーマンスだった。

彼しか見てないのに何を言う、って感じだけれどでも、一番かっこいいって心から思えるパフォーマンスだった。全力の小瀧くんはいつだってかっこいいね。

ただ、双眼鏡からチラッと見えた濱ちゃんが笑いながら踊ってたのはヤバかった。大人の魅力。前に重岡担の子が「しげちゃんが笑いながらCriminalやってるのヤバイ」って言っていたのが分かった気がする。

 

そして、モニターに映されたアニメーションの男の子と懐中時計。針が逆に戻り始めた時に「これは…!」と思った。*1

 

そして流れるメロディーと並んで佇む水色の影。

マジかーーーーーーーーー…

正直、私は昔からのファンではないので当時から応援していた方との想いとは差があるんだと思うけれど、それでも感慨深いものはあった。

もちろん変わったものもあるけれど、変わらないものもあって。

ふたりで階段を降りながら昔の映像を見上げる姿、最後のハモリで目を合わせる姿、胸がキュッとなった。

 

と、 濱ちゃんーーーーー!!!!!!!!

「知ってる人は一緒に踊ってくださいー!!」といつも言っていたのは濱ちゃんの優しさなのかな。

後ろにふたりを連れて花道を歩いてくる濱ちゃんは笑顔で、そしてかっこよかった。

照史くんと淳太くんは、時折盛り上げたりふざけたり、濱ちゃんと笑いあったり。

踊る前にふたりがアイコンタクトをして「せーのっ」てしているのがとても可愛らしかったな。

ドームが紫のペンライト一色に染まる景色は綺麗だった。

 

もうこの辺りから(バクステで7WEST…絶対そうだ…)って思っていたら案の定そうで。

イントロが流れて後ろを向いたら(初日はアリーナだったので)オレンジの衣装を纏った4人が。

もう正直Dial upはあっという間で記憶があまりないんだけれど… やっぱり昔とは違って大人な顔つきをしていたね。小瀧くんはグングン、私が計り知れないスピードで大きくなっているんだろう。きっと。

アウトロでツインがセンターになっている時は滾った(その後戻るけど)。最後に神ちゃんの大砲やってたの、本当に良い笑顔だったなぁ。

 

なんかもうネクステは強そうだし、シルエットはあたたかいし、色んな想いが詰まったJr.時代のメドレーだったはず。

小瀧くんのおじぎは何故だか胸が苦しくなる。色んな意味で。好きなんだけどね。

私みたい好きになって数年は経ちました、みたいな人もいれば、入所当時・ユニット結成当時からファンという人もいるだろうし、最近好きになったのでドームが初めての現場です、という人も多く見かけたし、

見る人によって様々な想いがあったんじゃないかな…

 

そのままピンクの衣装でフロートに乗って歌っていた100ラブ!なにげに初披露だね!

小瀧くんの「Rock'n Roll」の発音が大好きなんですが、3公演とも崩れる事無くしっかりアールだったのでひとりで拍手していました。

あと最後の「Baby I Love you」のyouが甘すぎ。いや全部甘いんだけどね。

流星くんが初日に自分のパートを忘れて「ぃやぁー!」みたいになってたのもかわいかった。そして翌日から台詞が加わった。ソロパートの後にはにっこにこでぴょんぴょん跳ねていた。

………流星くんって天使だったっけ?

 

浪速一等賞で、フロートがちょうどバクステ辺りですれ違う時に、向かいのフロートにぶんぶん手を振っていたのがかわいかった。

フロートを降りていってJr.(私が確認出来たのは大吾だけ)と一緒に踊っていたのが微笑ましたかったな。

 

 

MCが終わってボクらを歌っている時は、小瀧くんだけノリが違って(?)可愛かった。曲に合わせて左右に揺れたり、歌詞の「ステップを踏んで」でボックスステップをしてみたり、リズムを取って指パッチンをしていたり。しげちゃんのパートも口ずさんでいたな。

「キミはキミのために生きるんだ ボクはキミの陽だまりになる」

好きな歌詞だって言っていたもんね!

穏やかな笑顔で歌っていたのが良かったな。

曲の最後にピアノで弾くふりをしていたのが可愛かった(アメフリ最後の淳太くんみたいな)

元々ボクらは大好きな曲だったけれど、もっと好きになった。

25日昼公演はJr.がいなくて着替えてから曲だったので、白衣装で歌っていたのも可愛かった。

 

X'masメドレーはもう、セクシーハマーしか残ってない(笑)

でも、ミラクルスターターの小瀧くんをバクステ側から見られたのもちろん嬉しかったな!

25日夜の最後に小瀧くんが照史くんの顎をふにゃふにゃ(?)していて、台風nDreamerを思い出してしまったのは私だけだったんだろうか。

濱ちゃんの満面の笑みの「メリークリスマスッ☆」→スノド→「メリークリスマスッ☆」→………

 

………やめて(笑)

5人分やりきる濱ちゃんだいっすき(笑)

スノドは淳太くんしげちゃん小瀧くんで、3人の歌声が合わさると甘々だったね。すごく好きな声だった。

お喋りすると途端に淳太くんいじりになってしまうけれど、この3人で歌うの良いなと思った♡

 

Cororful Magic は流星くんが花道でスキップしてたのが可愛かったな。天使ふたたび。

25日の夜公演はちょうど風船が振ってくる真下の座席で。遠くから見ている分には良かったんだけれど、真下だと怖かった(笑)

 

 

本ステ前のモニターに「待望の新作」とかなんとか出た時に「これは踊り曲だ」と直感で思ったのでペンラを置き。3公演とも流星くんが近かったので流星くん(とモニター)を見ながら踊りました♡

 

ジュリ扇振りながら踊る流星くんかわいい。

ええやんけェで遂に生智子、こたこ、桐子に会えましたーーー!!!!!

やっぱり私の中ではこたこが強い。生歌であのクオリティ。おかしい(褒めてる)。

CDではそうでもなかったのに、ドームでは「ジュリ扇を顔からどけると男に戻る」っていうよく分からない演出が足されていて良かった。一度で二度美味しい(?)

言葉では言えないけれどめっっっっちゃかわいいフリがあったのでツアーでも見られる事を期待しています。やるよね!アルバム曲だもんね!!

 

アカンLOVEはパリピポみたいにメンバーの真似っこまであるロングver.で楽しかった。パリピポだ!って思った

淳太くんの「ボンボンキュッボンボンキュッボンッ ダイナマイッ!」で一瞬横アリに戻った

あと小瀧くんのお尻はかわいい

 

ホルモンは……いつかな、25日昼?夜?あたりでしげりゅせがぶっ壊れてた、いやいつもだけれどそれ以上に。流星くんのホルモン投げ捨ててるような「ポイポイ…」がとても好きです。

あと小瀧くんのヲタ芸のところが猫パンチみたいでかわいいから皆見て。

 

メンバーが捌けた後にモニターに映る映像は、クラブにいる7人。最初はなかなか顔が映らなくて「私達焦らされてる…!」ってそれすら楽しんでた(ポジティブ)

これはパリマニだな…センステかなって一応心の準備してたら

 

 

「CHO-EXTACY…………」

 

 

  

ええ?!?!?!?!?!

 

ちょっ 双眼鏡双眼鏡!!!!

 

 

そこから暫く目が足りてないし初見だから小瀧くんがどこにいるかもあまり分かってなくて追うのが必死だったけれど。

 

とりあえず漢字一文字で表せって言われたら「腰」曲ですね。

ラップの時に神ちゃんがツインを従えて歩いてくるのがCHO-------かっこいい!!!!!!!強そう!!!!!

神ちゃんがラップするよね、そのあと流星くんのラップに小瀧くんがハモるよね…………

「目を閉じて」でツイン(だけじゃないかも、分からん)が右手で目を隠してパッパッとはらうフリがある…それがちょう良かった… 

そこで記憶飛んでるからあとの4人のフォーメーションがまるで確認出来ていません。

 

ここからの衣装(キャンストを改良したものかな?)が今回のコンサートで一番好きでした。驚くほど脚の長さや腰の細さが強調されるし、シャツも肌感が分かりづらく…はなくて良かった。お腹が。

タイは小瀧くんしか確認出来なかったけれど、リボンタイ大正解。10点10点10点……って札あげたい。

淳太くんの肩掛け仕様になっているのも好きだな… この衣装絶対ツアーでも着てくれ頼む

 

このままワンチャン突入。かっこいいーーー!!!!! 実はチョエクの余韻に浸ったままなのでワンチャンの記憶があまりない。

「かっこいいのにかわいいってつみ」とメモに書いてあった。

 

 

バンバンでは、誰よりも高い声で、何度も会場を煽っていると思った。贔屓かな? でもそう思ったんだよ。

遠く、遠くまでお客さんを見ている小瀧くんを改めて好きだと思えたし、誇らしかったなぁ

 

 

 

そして、ひとりひとりの挨拶。

 

ペンライトを手動でカチカチとその人のメンバーカラーにして、会場一体がその人の色に染まる。あたたかいし、かわいいし、健気だよね、ファンが。そういう指示があった訳でもない、自然に皆がそういう景色を見せてあげたいと思ったから。

素敵な景色でした。ステージから見たらもっと綺麗だったかな?

BGMがRainbow Dreamなのはずるかったな。

 

ちょっともうEDの挨拶は本当にそれぞれ素敵だったので取り上げられないんだけれど、やっぱり印象的だったのは

流星くんの涙。

あの涙を見てから、毎日思い出してしまうのよ。

流星くんが涙しながら言った「もうハッピーですわ僕の人生」を聞いて、本当に良かったと思った。

 

小瀧くん。

小瀧くんは毎公演の挨拶で、必ず今までの事を振り返って話してくれた。

「僕たちはいろんな人に出会って、支えてもらってきました。いろんな人と悲しい別れをしてきました。」「僕は入った頃はまわりに馴染めず、好かれてもなかったです。」

 

そして、たくさんの感謝を伝えてくれた。私達への、周りへの感謝を、たくさんたくさん。

「僕をここまで育ててくれてありがとうございます」

 

私は小瀧くんが語る瞬間をリアルタイムで目にしてきた訳では無いけれど、想いはまっすぐに伝わってきたよ。胸が熱くなりました。

 

「この景色を皆さんと見れた事を幸せに思います」と言ってくれた小瀧くん。

こちらこそ、京セラドームで小瀧くんを、小瀧くんと一緒の景色を見る事が出来て私も幸せだったよ。

 

 

そして流れたAll My Loveのイントロ。この日の為に今までに披露しなかった(コンサートで)んじゃないかって思ったくらい、ピッタリだったね。

後半は直筆メッセージなんかも出たりして… もう、ずるいよ。

 

 

 

アンコールでは、それぞれのメンバーカラーのサンタで登場。まぁかわいい。そろそろかわいいが足りなくなるくらいにかわいい。

 

ここで歌う「人生は素晴らしい」。本当にそうね、人生は素晴らしいね!!! WESTに、小瀧くんに会えた人生は素晴らしいよ!

 

青春ウォーの「ワクワクすること~」でいつもはまじゅんがイチャイチャしていて可愛かった。カップルかな???

 

アンコールはマルモウケで終了。あれ、ラキセかな……?(笑)

 

 

25日夜公演だけWアンコールでええじゃないかがあったのだけれど、やる?やらない?の件がWESTらしくてかわいかった。それでこそ。

 

かみしげちゃんがふたりで花道ガンダしてたのはこの時だったかな…? かわいかったな♡

 

いつも銀テが出る時に小瀧くんが「本人捌けるで~!!」と言っていたので私は結構銀テ無視で小瀧くんガン見してました♡

まぁ身長的にも難しいし、「あなた達がテープに夢中になっている間に可愛い小瀧くんを見ちゃうからね」って思えるし(笑)

 

 

 

ちょっと最後雑になったけれど(記事の締め方が分からない)、本当に今までで一番行って良かったと思えるコンサートでした!!! こんなに幸せな事はなかったよ。

あと、双眼鏡新調して本当に良かった。

 

約一年ずーーっとMORSEおばけだったけれど、少しだけ成仏出来たかもしれない。まだフライヤー部屋に飾ってあるけれど(笑)

 

 

 

今年は小瀧くんが口にした夢がどんどん叶って、本当に雑誌で言っていた「こただま」そのもので(かわいい)。

 

モデルも、連ドラも、ドームも、本当に叶えてみせた。

来年はどんな景色を見せてくれるのかな?ってワクワクしてる。

大きくなる事が全てではないと私は思っているけれど、素敵なものを見せてくれる事には違いないだろうから、出来るだけついていけたら良いな。

 

小瀧くん。

愛して、愛されることが出来る小瀧くん。

これからもジャニーズWEST7人で、進んでいこうね。

 

 

*1:全然違うけれど時計のチクタクを聞く度に「MORSE思いだすからやめてぇ…!」って思ってた

アルバム「なうぇすと」の感想を書きました

 

 

なうぇすとの感想を書くよ。

ドームでもええやんけェ!とかカラマジは歌うかもしれないし、演出を見る前に所感を書き残しておこうと思いまして。

 

 

【Unlimited】

あまり聴けていない曲。初めて聴いた時にあまりの眩しさに自分には合わない…ってちょっと遠ざけてしまった。

オリンピックのテーマソングとかになってそう。

サビ前のタムのフィルが好き。

淳太くんがどこかで「ドローンで撮っているイメージ」って言っていたのを見てから(Songsかな)、聴く度に必ずOk Goを思い出してしまうんだけれど絶対に違う。

 

【いま逢いたいからしょうがない】

小瀧くんの声と曲が合っていると思うので好きです。

「Talking,Making」と「トキメキ」をかけているのとかかわいい。

「恋してMidNight」と「恋してみない」とか。

転調して小瀧くんが歌う「抱きしめたいのさ」がラから始まっているのが超イイ(cv:葵くん)

ラで声質グッと変わるし、とても好きなのでパート割り決めてくれた方に感謝状送りたいです。

 

【ええやんけェ!】

私的No.1です。どうしようもない。

こたこ。初めて聴いたのが徒歩通勤中だったので転びかけました。尋常じゃない。

ソロパートはもちろん、女子チーム(?)で歌ってる時のナリキリ度が!!! 大サビの「それそれ~!!」が好き。

最後の「ええやんけぇっ…♡」ってちょっと残してるのだってこたこ…だよね……? 桐子のクオリティもさすがすぎて自信無いけど。神ちゃんはただのかわいい神ちゃん。

本気女装して歌ってほしさがすごい。

淳太くんが西郷隆盛(だっけ?)の男らしさを意識したっていうのがなんかかわいい。コンサートでそれやったら音痴になっちゃいそうだけどご愛嬌だね。

 

大阪弁ら~にんぐ】

こたこよ(笑)

「もう、、あほやな♡」だけエンドレスリピート。誰よりもかわいいよこたこ…。

あと流星くんのどいつ語ラップがやばい。「すんまっへーん」がめっちゃすき。

淳太くんは歌とツッコミ両方聴こえるんだけれどちらもしてる?私の耳がおかしいだけかな?

 

【I got the FLOW】

りゅかみーーーー!!!!!!俺だーーーーーーー!!!!!!

YABAIのはこっちだーーー!!!

いちばん好きなのは「do it ~groove」です!!

3分の曲だしツアーでもフルで披露するんじゃないかな?

あとAメロのベースラインが好きです。

 

【You're My Treasure】

小瀧くんいわく「僕の曲(笑)」

「今さらだって笑われちゃうかな」がむり。「ちゃうかな」が。どんな表情で歌うのか、本当に楽しみ。

神ちゃんの「My life」は、なんとも言えないんだけれどこうグリッとなる。

サビ前に小瀧くんが「まるで」「本当」って歌っているのにすごく意味があると思う。大切な3音ですよ。

イントロで「Miss you girl」だったのがアウトロで「Love you girl」になって最後はキスもしちゃう♡って小瀧くんがおどけて言っていたので歌詞もたくさん読みながら聴いてるよ。

 

【Coroful Magic】

歌いだし流星くんいいよね♡!

「積みか↗さねていく」の短2度が何気に良いよね。

2番では小瀧くんが歌っているけれど、「手に入れた地図が」とかもうあまっあま。今歌詞を見てこれだって知ったけれど、「地図は」だと思ってた。鼻濁音?

「魔法の欠片」と淳太くんの親和性が高すぎる。これTDRで歌ってる。

「この地球にただ1つだけの物語」はキーがそんなに高くなくて(ファル以外)小瀧くんの声の余力というか、まだまだ出る感じ、可能性がビシビシ伝わってきてとても好き。 あと地球と書いてほしと読むだけで一気にジャニワ感出るね(?)

なんだかこの曲まとまらなかった(笑)

 

【ギラギラブベイベー】

聴けていない曲パート2(小瀧くんの推し曲なのに)。

これを聴けるネアカでパリピな血が私には流れていない…(笑)レンジかエイトか、みたいな感じだね?

って調べたらエイトにも楽曲提供してる方が作詞曲だった。

でも落ちサビ前の小瀧くんソロは相当良い。ラだし。

 

【Beliver】

聴けていない曲パート3。偏りが激しいですね今回。

初めて聴いた時からブラホワと微妙にかぶっている…

でも歌いだししばらく小瀧くんって…これは魅力的ですよね!

コンサート見たら聴き方変わりそう。

ファルでファ出してる超人がいるんだけれど照史くん?濱ちゃん?

 

【雪に願いを】

組み合わせが発表される前から小瀧くんにはバラードを歌ってほしいと思っていたし、曲名が出たらこれはバラードだと(勝手に)思ったからこの曲…この曲…と思っていたら予想が当たって濱ちゃんとやることになって(それも当たってた♡)

願ったり叶ったりのユニットでした。いや前回こそそうなんだけどな。

イントロがaikoのKissHugに似ているなって思って聴き比べてみたんだけれどそうでもなかった(笑)

この曲は1番が濱ちゃんメイン、2番が小瀧くんメインみたいな感じになってるからコンサートではどういう風に披露するんだろう? 完全に偏っているわけではないから1番だけかな…フルだと5分だし

最初は静かに雪が降る演出があったらきれいだなと思ったんだけれど、もれなくMORSE思い出すからダメだ。

サビの下ハモはだいぶ難しいと思うんだけれど、もし生歌だったらどう完成するのかが楽しみ。

私が一番好きな小瀧くんの「こんなにもこんなにも愛しています」を小瀧くん自身も好きだと言っていたのがなんだか嬉しかった。あの部分が本当に好きです。

 

【ボクら】

好きです。かなり好き。ひとつひとつ取り上げていたら長くなってしまうから割愛するくらい好き。

ひとりひとりの音の切り方とか、落とし方とか入り方とか、

直接聞いてくれる方がいたら聞いてください(笑)

スツールとかに座って7人並んで歌ってくれたら良い。笑って歌ってくれたら良い。

 

 【無鉄砲ボーイ】

3人にこの曲を進めた濱ちゃんは天才(合掌)。

キミコイもそうだったけれど、ペンラを表で振るの至難の業だよ… 絶対的に裏打ちの曲でしょう。100%そうでしょう。

テンポが良いからワンリピしてても邪魔にならないのがこの曲だと思った。

やっぱり大サビのかけ合いみたいになってるところが一番かわいい。でもずっとかわいい。

淳太くんが「僕を好きな2人と歌います」って言っていたのに、実際は神ちゃんにフラれ→小瀧くんにフラれ→照史くんとしげちゃんが拾ってくれましたっていうの超好きなエピソード。

 

【One chance】

ワンチャンはパフォーマンスもMVも見てしまってるからな~!

最初の「Let's Go!」でフルにかけられます。

大サビの「待っていちゃダメだろ ヒーローは」のダンスが好きです。

でもやっぱりこの曲はドラマありきだな~

 

 

ツアーでは全曲やってくれる…と思っているのだけれど、ドームではどうかな?

でも久しぶりのツアーで見たい曲たくさんあるし、普通にチョエクとか100ラブとかキンチャンとかも見たいし、なんなら生でじんすば見たことないし(それはドームでやるか)色々楽しみだな!

 

初ドームまであと5日!!!!!

 

 

 

 

 

やっと双眼鏡を購入したので比較してみる 【※未使用】

 

 

やっと双眼鏡買いました。

 

思い返せば、2014年から欲しいって言っていたんだよね。約2年越しの思い。

カウコン→横アリ→日生って短期間でキャパが違う3会場の比較が出来るからそこで買い替えたいと思っていたんだけれど出来なかった。

 

お金がなくてね!!!

 

で、今回は何故購入に踏み切れたかと言うと

 

①ノリ

休日出勤の疲れ→ご褒美 的な。ホールと同じビルにビッカメが入っていたので、そのまま双眼鏡フロアに行って購入してしまった。

ここで初めて店頭カード決済を経験しました。人生経験が1上がった…。

 

②対物レンズがほぼ壊れていた

右の対物レンズがカパカパいっていて、いつ外れるか…みたいな感じだったんですね… たぶんパリピポくらいから。いや早く買い替えろって。

 

③WEST初ドーム!!!

まぁこれに限ります。買ったその日にチケットが届いたのでまだ座席は分からなかったんだけれどね!!(座席が判明してからの購入でも良かったのに…ノリで買ったから)

 

 

前置きが長くなりましたが、比較してみようと思います!!!

 

 

【初号機】2003~2016

なんて書いたら良いか分からなくてエヴァみたいになっちゃった。

なんと13年間使用。そりゃあレンズも外れかかるわ…

生産終了になっているのでリンクなし。

 

Kenko Super Star 10-30×25

倍率 10~30倍

対物レンズ径 25mm

実視界 3.5~1.9°

1000m先の視界 61.2~33.2m

明るさ 6.3~0.7

重量 325g

 

メリット→ズーム可能。軽くてコンパクト。

デメリット→ズームした時の暗さが異常。どうしても視界を小瀧くんでいっぱいにしたい時は使っていた(1公演で2.3度はあった)

 

 

 【2号機】2016~ 

 

リンクが合っているか不安です(そこ)。こんなにお金出してない。

結構店員さんにお話聞いたあげく、結局「オススメ!」みたいなやつに落ち着きました。

 

Vixen NEW FORESTA HR10×42WP

倍率 10倍

対物レンズ径 42mm

実視界 6.5°

1000m先の視界 115m

明るさ 17.6

重量 670g

 

メリット→対物レンズの復活=解像度が高い。明るい。

デメリット→重い。ズームが出来ない。

 

 

【結論】

ビクセンでデメリットにあげた重量のことはビッカメで持った時には気にならなかったので良しとしている。2時間の公演に耐えられるかはやってみないと分からない。

 

明るさも、もっと明るいものもたくさんあるけれど私にはこのくらいでも充分だった!

 

実視界については結構悩んで、基本的に小瀧くんを見ているだけの私は実視界が狭くても大丈夫だし(ズーム出来ないし)、と思っていたのだけれどフォーメーションが激しい曲だと双眼鏡で探し切れなくて見逃すという結構もったいないこともしていたからそれは改善されるだろうとポジティブに受け止めました。

 

 

巷で噂の防振双眼鏡も少しだけ迷ったのだけれど、価格的に手が出なかったです…。電池とかめんどくさそうだし(?)

機能と価格と、落としどころを見つけて自分の納得する買い物が出来たかなと思うので、まずはドームやツアーで使用してみたいと思います!たのしみ!

 

 

懲りずにジャニーズWEST楽曲の音域を調べてるよ

 

 

もう第何弾だか分からないけどやってるよ。

ベストアーティストの合間にやってみました。無事にフラゲ出来て嬉しい限りです。

 

今年は既にシングルを2枚リリースしているので、表は2016年のみにしてみました。少しでも見やすくなりますように…

 

いつも過去記事見てください、って書いてるのでここらで改めてルール(?)を載せてみます。

 

 

 

・ピアノの真ん中のドを基準音とする

・コーラス、ハモリ、Rapは覗き、主メロのみ対象とする

 

フェイクはいつの間にか表に入れなくなりました。今回Believerに超高いフェイクがあった事だけ先にお伝えしておきます。

 

 

f:id:Ihaby_35:20161129213224j:plain

 

 

色をつけている部分が音域です。

青は1オクターブ以下、ピンクが2オクターブ以上、

黄色は1オクターブ超え2オクターブ未満になります。

 

 

今回のアルバムは、いつもに比べると音域の狭さが目立ちます(いつもが広いんだと思う)。

 

しかし、大阪弁~は半分漫談(?)だし、りゅかみ曲は大半がラップなのでそりゃそうだよな感はある。

 

先述した高いフェイクが出てくるBelieverなんだけれど、1.2回聴いたくらいでは誰が歌っているのか分からなかった。

っていうより、最近歌割りが分かりづらくなってきている… 私の耳が悪くなってきたんかなぁ(T_T)

 

 

なうぇすと、良い曲ばかりなのでドームやツアーまでたくさん聴きこみたいです♡

(締めが雑)

 



わたしに飼われてください

 

 

ジャニヲタをやっていたら、また自担が年下ならばますます一度は演ってほしいと思う役がある。

きっと皆が思うはず。

 

ということで、

 

 

先日全巻購入しました。

電子書籍は良いね! いつでもどこでも読めるし、スクショも出来るから好きなシーンを綺麗に撮れるし。

 

 

ドラマは多分19か20歳の時に観たっきりなので細かい部分はうろ覚え。

小瀧くんはリアルタイム視聴ってどこかで言っていたかな?

恋愛ドラマを観る6歳児……

 

 

まず、バリキャリの年上高身長お姉様が捨てられる青年を拾ってペットとして飼っちゃうってもうヤバくて最高。

もちろん漫画なのでスミレちゃんとモモ、あと蓮實くんとかユリちゃんとか福島とか、色々な人々とのストーリーがある訳だけれどネタバレになってしまうのでそこら辺は割愛。

 

もう単純に

ペットとして小瀧くんにやってほしい言動について書こうかと思います。

 

 

 

【1~2巻】

・スミレに初シャンプーされながら名前を聞き『スミレちゃんか』『カワイイ名前だね♡』

・会社でストレス抱えて帰っても笑顔で『おっかえりィ~!!』

・スミレが笑っただけで『笑った 笑った』『スミレちゃん笑うとカワイイね』→膝枕

・スミレに喜んでもらおうと思ってホットケーキを作る→キッチンをぐちゃぐちゃにして怒られる→ガーーーン→捨てられた時に入っていた段ボールでフテ寝

・泥酔して帰って脱ぎ散らかした靴や服を片づけてくれる→介抱してくれる

・疲れているスミレを見て雑炊を作ってあげる(ホットケーキを作るのにも一苦労してたのに…!!!)

 

【3~7巻】

・スミレの5連休が嬉しくて計画表を書く→『すっごく すっごく 楽しみだねっ』

・『いいじゃんべつに』『スミレちゃんはスミレちゃんなんだから』(バックハグしながら)

・仕事で疲れた身体に湿布を貼ってくれる

・鎮痛薬まで買ってきてくれる

・ペディキュアを塗ってくれる『やらせてやらせて』

・熱が出たら看病してくれる

 

【8~11巻】

・『顔真っ赤だよ』『ヘンな気分になっちゃった?』*1

・自分(モモ)の舞台本番の前に海外からスミレに電話、気遣ってくれる

『成功を祈ってて』『スミレちゃんのために踊るよ』

・部屋着にと渡したふざけた犬の着ぐるみを着てくれる

・行ってらっしゃいのチュー

 

 

 

 

いや、本当にざっくり書いただけなんですけれど、

どれも最高なんです!!!!!

 

当たり前だけれど絵と一緒に見て頂きたい… そして自担で想像して…

12~14巻はストーリーにも関わってくるので控えました。

 

今はただ毎日のように思っています。

 

f:id:Ihaby_35:20161030222355j:plain

 

『小瀧くん、モモって呼んでいい………?(縋る)』

 

 

 

*1:8巻あたりから男を見せるようになってきた気がする

ジャニーズWEST楽曲と調性とおまけ

 

 

また書きます。

私だけが書いていて楽しい記事(笑)

 

新譜が出る度に音域記事を更新しているのだけれど、その度に気になっていた「調性」について今回はまとめます。

絶対この調多いよな…とか毎回思ってはいたんだけれどね。

エクセル苦手だからもう雑に箇条書きでいきます。

 

 

 

 

 

音域記事と合わせて英語音名表記で、

ドレミファソラシド=CDEFGABC

 

 

 

【Major】…なんか明るいやつ

C:for now and forever、SAKURA、覚悟しろよSUMMER

D♭:バンバンッ!!、3.1415926535、覚悟しろよSUMMER

D:バンザイ夢マンサイ!、Ole Ole Carnival!!、for now and forever、ズンドコパラダイス、SAKURA、青春ウォーーー!!、バリハピ、All My Love、マルモウケ、Seven Powers、3.1415926535、逆転Winner、100% I Love You、KIZUNA、Mr.SUMMER WEST、シルエット、覚悟しろよSUMMER

E♭:その先へ…、逆転Winner、覚悟しろよSUMMER

E:ええじゃないか、Summer Dreamer、ジパングおおきに大作戦、ラッキィスペシャル、人生は素晴らしい

F:Rainbow Dream、WESTERN PARADE、Time goes by

G♭:Rainbow Dream、粉もん、LGWK、ガッテンアンセム、人生は素晴らしい

G:ちゃうねんっ!!、Mambo de WEST!

A♭:P&P、WESTERN PARADE、パリピポアンセム

A:

B♭:パリピポアンセム、Lovely Xmas、こんな曲作りました

B:浪速一等賞!、Wake up!、Ole Ole Carnival!!、SAKURA、All My Love

 

 

【minor】…なんか暗いやつ

c:迷宮SUMMER

c#:きみへのメロディー

d:Criminal、夢を抱きしめて、Toxic Love、ホルモン

e♭:Toxic Love、Eternal

e:Break Out!、キミコイ

f:My Best Friend、SUPERSTAR、3.1415926535、TAMER、King of Chance

f#:Can't stop

g:ちゃうねんっ!!、SUPERSTAR、アカンLOVE

g#:PARTY MANIACS

a:Terrible

b♭:夢を抱きしめて、SCARS、CHO-EXTACY

b:逆転Winner

 

 

 

 

 

書いた! 分からない!(笑)

私の音楽力では判断に自信が無いものもあります。逆転Winnerとか。

間違っていたらどなたか教えて頂きたい。

曲中で転調しているものに関しては複数の調に記入しています。

 

せっかく書いたので雑感など。

 

 

①アイドルソングなので(?)やっぱり明るい曲が多め。

57曲中、メジャー曲が52曲・マイナー曲が25曲。(被りあり)

倍近くかな?

かっこいい曲は皆マイナー曲(所感)。

ちなみにSTEVEN LEE大先生が作編曲されているものは全てマイナー曲だよ。*1

 

②パリピポが暗い?!

先程かっこいい曲は皆マイナー曲、って偏見を書きましたけど。

パリピポはパリピポアンセム以外全てマイナー曲なんですね!!

比較的かっこいい系の曲が多い印象のミニアルバムでしたが。(私は)

そんな印象は調性からきている…のかもしれない。

 

ニ長調が異様に多い

聴きながら思っていたんだけどね!!

調含めてだけれど、明らかに多いですよね。

偶然かもしれないし、キー的に歌いやすいのかもしれないし、世間一般的にウケるのかもしれないし、

他のグループでこういう分析をしてみた事が無いから分からないけれど、でもとにかく多い。

1曲くらいイ長調にしてみない?

 

④そして転調が多い

これはジャニーズWEST関係なくて近年のアイドルソングの傾向というか… 1番実感したのはAKBの「ポニーテールとシュシュ」くらいからなんですけれど。

 

分かりやすいのはサビ前に転調、ですよね。

WESTだと人生は素晴らしい。

これがまた、全く関係のない調に転調するのが特徴な気がする。

そこ行く?!みたいな。

 

余談だけれど、人生は素晴らしいはイントロ→ABメロ→サビと全部調が違うんだけれど(私の耳が合っていれば)

逆転裁判のOP時は尺が短いからなのかなんなのか、イントロとABメロが同じ調なんですね。

歌の録り直しはしていないから、イントロを合わせて下げています。

逆転裁判でしか聴けない仕様。

 

転調の話に戻りますが、

大サビで転調して(ほとんどの場合キーは上げる)盛り上げていく手法*2

は大昔からあったし効果的だと思うし耳も慣れているんだけれど、サビ前の転調は最近の流行!って感じがしてまだ慣れないな…

とか言いながらポニシュも6年前だけど…*3

 

⑤Cメロが静かな曲って多いよね

いよいよ調性が関係なくなったんですけど!

Cメロが静か→大サビで盛り上げ!!!っていう曲、多いよね。

大好きなんですよね。乗せられてる感あるけれど。「こういうのが好きなんだろ?」に分かっていながら乗せられているのが心地いい。

WESTでも書ききれないくらいたくさんある。

また、それに合わせた演出とかダンスとかだったりするともうたまらない。

バンバンで集まって手を伸ばすのとか、Toxicでソロを歌う照史くんの周りで踊って大サビでバラけていくのもそうだし、もっともっとあるけれど。

 

⑥サビ始まりの曲のインパク

単純に、サビ→1番→…となっていくからサビを聴く回数が増えるし、最初にパンと出るとインパクトが強いよね。

ええじゃないか、Summer Dreamer、ジパング、ズンドコ、パリピポアンセム、青春ウォーーー!!、マルモウケ、ガッテンアンセム…

皆で盛り上がろうぜ~!!!!!的な曲に多い気がする。

 

 

 

 

なんかぐだぐだと話したけれど、音楽とかほとんど何も分からないで喋っているので子どもの戯言くらいの気持ちでスルーして頂ければ幸いです…

めっちゃ変なこと言っていたらどうしよう……

*1:Can't stop、Toxic Love、PARTY MANIACS、Eternal

*2:WESTだとRainbow Dream、for now and forever、SUPERSTARとかとか

*3:と思っていたけれど、そもそも小室哲哉でガーッっときたらしい。さすがTK

【手をつないでゆこう】と【Prince Princess】と【岸優太】

初めてPrinceの「Prince Princess」を見た時に、

『似てる』
と思った。


初めて聴いたのは、少クラ8月3日放送分。
新曲があるというのも、放送されるというのも知っていたし、楽しみにしていた。
けれど、どういう曲調だとか雰囲気だとかは何も知らなかったのでノーデータで放送にいどみました。


ファーストインプレッションで似てると思ったのは、何が理由なんだろうな…
視覚的なものだとやっぱり、スタンドマイク。それに限る。

照明や衣装も似ているのかな?と思って過去の少クラを引っ張りだしてきた。


「手をつないでゆこう」。
Ya-ya-yahのオリジナル曲である。
初披露は2006年12月10日。うわ、10年経つじゃん。時の流れはおそろしいね…

で、見返してみたのだけれど特にスタンドマイク以外の共通点は見当たらなかった。
照明の色も違っていれば衣装も全く違う雰囲気だし。

プリプリは曲中に手振りがあったり立ち位置もどんどん変わっていくけれど、
Yaはほぼほぼ動かないし。


私は曲を好きになる時に歌詞より音で好きになるタイプなので(もちろん例外もあるけれど)、
あとは曲調なんだろうなと思って分析開始。
そんなに細かい事はしないけど。


まず、2曲ともC-dur。
YaはサビでD-durに転調するんだけれど。

でもBメロがEm→Amになったり、
大サビ前が10小節かけて盛り上がっていたり、
ちょくちょくポイントは似てたりしたかな。

コード的にはサビが一番似ていたかな。
D-durに転調しちゃうけれど、和音進行的に考えたいので一旦YaをC-durに戻して考えると、
なんと2小節目が同じメロになるんですね。

f:id:Ihaby_35:20160923150204j:plain

上がYa、下がプリプリ。

ソで下がるか上がるかの違いで、あとはメロが全く一緒って凄くない?


あとはやっぱりBPMが大体同じくらいっていうのも「似ている」って印象を与えやすかったのかなと思います。





それでもって、ここのところ岸優太くんが私の中でグイグイきてます。
そりゃあもうグイグイ。

たとえば自担Gに夏現場が無かったからとか、
今自担のビジュアルがちょっと好みじゃないとか、(「私の」好みじゃないだけだよ?いつでも全力でかっこいいしかわいいよ?)
最近岸優太露出が増えたとか、
きっかけはそういう事ではなくて。

上記した「Prince Princess」という楽曲が自分にドハマリして、聞きまくるうちに…ね。

そもそも手をつないでゆこうもめっちゃ好きで中高生の時にずーーーーっと聞いてたから、似ている時点で好きになるのはもう必然なんだけれど。

今まで少クラでカバーしていた先輩の楽曲、特にかっこいい系の曲とかは申し訳ないけれど全然興味がなかった…
が、しかし。


プリプリは違う。


とても優太の声に合っているというか(優太呼びでごめんなさい。れっきとした理由があるんだけれど機会があればそのうち)

Aメロが優太から始まることも、大サビ前の優太→じぐいわの流れも、大サビの優太のハモリも全部良い。
サマパラのソロプリプリも出来る事なら聴きに行きたかったなぁ…

今まで可愛いねぇ♡と思っていた優太が、プリプリになると優しくて、強くて、儚くて、なんとも言えない表情をするからずるい。
8月3日だけかと思っていれば、9月14日放送でも違うバリエーションでしてきたから本当にずるい。

優太はこちらの想像を上回ってくる、というより全然違う角度からぶっ刺してくる感じで表現してくるから困る(ちょーーーーー褒めてます)



ただ、最近存在を知った訳でもないからなぁ…という感じだよね………

初めて優太に関してツイートしたのは2014年7月。
小瀧くんに関係するかもしれないから見なきゃいけないじゃん…と結構イヤイヤ見始めた近キョリ(ごめんなさい)、
それでも顕嵐ちゃんにしか興味がなかったのに突然雷にうたれた私。


『あらんちゃんは想定済だったけど、そりゃあゆうぴょんにヤられるとは思ってないじゃん?!?!』
(この時はゆうぴょん呼び)

典型的な近キョリ出だね☆

それから近キョリもガチャも取っておいてるし、(ガムシャラとか真夜プリは消してるけど)前から好きなんだけどな…
プリプリという曲が確実に優太好きを加速させてる事は確かです。

という事を言いたかった。




女の子は誰でもお姫様だって言われたい願望がプリプリによってすぐ叶えられちゃうんだもんな。

たまに優太のこと逆滝に見えるよ。


「Oh Prince Princess 顔をあげて」って歌うのずるい。
優太のくせに。ずるい。(褒めてます)